フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

2010年10月の“わッつ GALLERY” ご案内

“わッつギャラリー”の10月の予定は以下の通りです。

 

10月1日(金)-10月6日(水)    休廊

 

10月8日(金)-10月12日(火)   +Rainy Season ラオス・タイ織の布+展 by 倉井 由紀子さん

 

10月15日(金)-10月20日(水)  くつろぎの器展 by 澤村 典子さん

                       (澤村さんには、わッつギャラリーでの常設展示で今後協力していただきます)

 

10月22日(金)-10月27日(水)  伊勢型紙と和紙による「源氏物語」の女君展 by 野田 和子さん

                       賛助出品 竹市 幸司さん

 

    10月23日(土) 竹市 幸司さんによる講演 「源氏物語・女君の能」

                AM 11:00 ~ & PM   2:00 ~

 

 

Dm_0099

 

 

Dm_0100

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ 

2010年9月25日 (土)

油彩画展 by 羽田野直子

“わッつギャラリー”では、9月24日(金)から9月29日(水)まで、羽田野直子さんによる「油彩画展」を行っています。

 

 

P1070775

 

 

羽田野さんは、小さい頃からいつも絵を描いており、よく親に外で遊べと注意されていたそうで、嵐が来ると家の中で堂々と絵を描くことができるのでうれしかったとのことです。また、絵を書くことへの情熱は大人になっても止むことはなく、今でも好きな絵を自由に描き続けています。

 

羽田野さんの絵の描き方は独特で、背景を書くことから彼女の絵は始まります。まず、日常生活の中で背景だけが自然に頭の中に思い浮かび、そのアイデアを色遊びの感覚で書きます(1日に10-20個ほどのアイデアが頭の中に思い浮かぶそうです)。そして、背景が書き終わった後に前面に出る絵(で背景に合う絵)を考え、描きます(図柄はバラが多い)。

 

 

Scn_00033

 

 

絵の描き方のみならず、羽田野さんの絵自体も油絵の中ではとても独特です。彼女独自の技法によって描かれた絵には艶や透明感があり、作品を見た人達からは「幻想的」や「絵に惹きこまれた」と言われることも多くあります。また、他にない独自の技法によって描かれているため、初めて彼女の絵を見た人達は、パッと見ではどのように描かれたのか分かりません。そのため、絵が七宝焼きなどの陶器と間違われることが多くあります。

 

 

Scn_00011

 

 

羽田野さんは、今回の「油彩画展」に来られる方々に、彼女の絵を見て彼女の世界を知り、できれば彼女の世界に入って(浸って)その世界を共有して欲しいとのことです。

 

 

Scn_00044_3

 

 

油彩画展では、羽田野さんの絵(主にバラ)が入ったしおりや葉書も販売しています。

 

 

 

 

 

■ 2010年9月23日(木)

2010年9月23日(木)の中日新聞紙面上(朝刊18面)において、わッつギャラリーで9月24日(金)から9月29日(水)まで開催されている「油彩画展」(羽田野直子さん)について、記事で取り上げていただきました。

 

 

 

 

 

*記事中に使用されている画像は、羽田野さんが販売されている葉書から、彼女の許可を得て載せております(画像の無断転載・使用を一切禁止します)。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ 

2010年9月18日 (土)

苔玉・陶玉盆栽展 by 安藤豊彦

“わッつギャラリー”では、9月17日(金)から9月22日(水)まで、安藤豊彦さんによる「苔玉・陶玉盆栽展」を行っています。また、21日(火)の14:00より、現代美術について安藤さんによる講演がわッつの2階で行われます。

 

    安藤豊彦さんのHP  東風山野坊(http://www.tofu-sanyabou.com/

 

講演会については以下の通り。

21日(火) 2時より「現代美術と日常美術について。」作者と茶話会。

会費(1000円で、美味しいコーヒー&ケーキセットで楽しい時間を。)

 

「東風山野坊」の「INFORMATION (http://www.tofu-sanyabou.com/02_info/index.html)」より転載

 

普通は苔玉に土を使いますが、安藤さんの苔玉は他の苔玉とは異なり水を使います(水耕栽培に似ている)。他の苔玉職人や植木をやっている人たちなどは、彼のやり方に初めはとても戸惑うようです。

 

苔ばかりに注目が行きそうですが、今回の展覧会の題にありますように、「陶玉」にも注目して欲しいとのことです。

 

安藤さんが苔玉を始めた理由として、以下の4つがあるそうです。

(1)自宅周辺など、元々安藤さんの生活環境には苔が多く存在し、苔が大変身近なものであったこと。

(2)身近な存在であった苔を芸術的(絵的)にとらえていたこと(石垣などについた苔を美しいと感じていた)。

(3)人に使われるのが嫌で、普通に会社で働くことが嫌いであったこと。

(4)食品関係の仕事をしていて、植物などを育てることに興味があったこと。

 

安藤さん曰く、苔玉にはいろいろな想い入れがあるそうです。例えば、苔玉はペットのようであり、一人歩きする子供のようでもあるそうです。さらに、好きな人に渡したい、物としてのラブレター、ラブ・メッセージ(Love Message)でもあるそうです。

 

また、苔玉は他の芸術作品(絵画など)と違い、実際に生きている芸術ですので、お客様が安藤さんの続きをなさる、お客様との共同制作の芸術であると仰っていました。

 

 

Scn_0002

 

Scn_0003  

 

 

 

以下は、苔玉・陶玉盆栽展の様子の一部です。

実物は写真の何倍も素晴らしいので、是非、ギャラリーカフェわッつへお越しになり、直接ご覧になってください。

 

P1070283

 

 

 

P1070325

 

 

 

P1070297

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ 

2010年9月 8日 (水)

写真展「水景」 by 鷲津公幸

“ギャラリーカフェわッつ”では、9月10日(金)から9月15日(水)まで、写真家・鷲津公幸さんによる写真展「水景」が行われます。

 

鷲津さんは今回の写真展で、子供の頃の彼の遊び場であった木曽川の河原を撮影対象に選び、写真が丸く写ってしまうという失敗を逆に利用して撮った作品を出展します。

 

理屈として、ある撮り方をすれば映像部分が丸くなり、周りが黒くなることを鷲津さんは知っていたそうですが(カメラのレンズは丸いので)、ある日、偶然に失敗してできたそのような作品を見て面白いと感じ、今度は意図的にそのような作品を取り始めたそうです。

 

河原は、鷲津さんにとって子供の頃の遊び場かつ思い出の場所です。しかし今、護岸工事などで河原が失われつつあります。鷲津さんは、丸く写るという遊び心を入れつつも、日々失われていく本来の河原の情景を残しておきたいという想いを写真に込めているそうです。 

 

 

Scn_0004

 

 

Scn_0005

 

 

 

以下に、鷲津さんの作品の一部を掲載します。

 

 

001

 

 

 

 

 

003

 

 

 

 

 

020

 

 

 

 

 

■ 2010年9月10日(金)

2010年9月10日(金)の中日新聞紙面上(朝刊22面)において、わッつのギャラリーで9月10日(金)から9月15日(水)まで開催されている写真展「水景」(鷲津公幸さん)について、記事で取り上げていただきました。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ 

2010年9月 5日 (日)

2010年9月の“わッつ GALLERY” ご案内

“わッつギャラリー”の9月の予定は以下の通りです。

 

2週間ほど予定があいていますが、展示される芸術家の方々は決まっていますので、詳細が分かり次第、情報を更新する予定です。

 

(2010年09月05日 追記)

空欄になっていた3、4週目の情報を更新しました。

 

 

8月27日(金)-9月1日(水)   ファブリックステンシル Nuno by 布村 ひとみさん

 

9月3日(金)-9月8日(水)    織部のうつわ展 by 北野 耕司さん

 

9月10日(金)-9月15日(水)  写真展「水景」 by 鷲津 公幸さん

 

9月17日(金)-9月22日(水)  苔玉・陶玉盆栽展 by 安藤 豊彦さん

 

9月24日(金)-9月29日(水)  油彩画展 by 羽田野 直子さん

 

 

201009_dm_003

 

 

201009_dm_004

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ 

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »