フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

薪窯の器展 by 近藤裕久

わッつギャラリーでは、2011年2月18日(金)から2月23日(水)まで、近藤裕久さんによる「薪窯の器展」を行いました。

 

 

 

Dm_001

 

 

 

Dm_002

 

 

 

工房付近の草木の灰釉・黒釉に挑戦しました。薪窯(登窯、穴窯、蛇窯)の焼成、表情も様々です。日々の暮らしの中で楽しんで頂けるぬくもりのある器を目指しております。どうぞお出かけ下さい。

 

近藤裕久

略歴  1975年  岐阜県瑞浪市半原に生まれる
     1993年  多治見工業窯業科卒業
     2004年  陶芸家・近藤精宏に師事

 

 

 

 

 

近藤さんには、昨年6月のわッつ開店時に、近藤さんのお父様(近藤精宏さん)とお姉様(近藤恵三子さん)、そして三沢もなみさんと共に4人で展覧会をしていただきました。

 

しかし、今回は近藤裕久さん1人だけの個展となりました。

 

20日(日)の中日新聞にこの展覧会が記事で紹介されたこともあり、多くの方々にお越しいただき、記事で紹介してくださった中日新聞様、ならびにお越しくださった皆様に厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

2011年2月 8日 (火)

森哲荘 木彫り展 by 森哲荘

わッつギャラリーでは、2011年2月4日(金)から2月16日(水)まで、森哲荘さんによる「森哲荘 木彫り展」を行います。

 

 

 

1

 

 

 

森さんは1946年(昭和21年)生まれ。木彫の世界に入ったのは高校生の時(15歳ごろ)。勉強より仕事をした方がよいと、父親に半ば強制的にやらされたことがきっかけでした。

 

以来、約50年間木を彫り続けてきましたが、その間にはいくつも賞を受賞し、平成5年にはその功績が認められ、「日本の伝統工芸士」として認定されました。(参考URL: http://www.kougeishi.jp/kougeishi.php?kougeishi_id=503091

 

森さんは、好きな時に木を彫ることができる今の仕事がとても好きで、あと10年ほどは続けたいとのことです。

 

以下は、森さんご本人からです。

 

200年の歴史を持つ木彫の里「米原市上丹生(かみにゅう)」に生まれ、

父、森秀男に木彫の手ほどきを受け、以後、48年間木彫を続けてまいりました。

 

その時々に制作した作品たちです。

 

御笑覧下さい。

 

                                  2011.2.1  森哲荘

 

 

       P1100080_2

 

 

 

 

この度の展覧会では、2010年の「第12回 平成の招き猫100人展」に出品された「眼力猫一対(めじからねこ)」も展示されています。(参考URL: http://www.necomachi.com/100_12/files/090.htm

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

■2011年2月1日(火)

 

わッつギャラリーへの作品の展示を快く引き受けてくださった森さんですが、今年は仕事の依頼がたくさん入っていて忙しく、ここ愛知県春日井市までは足を運べないとのことでした。

 

そこで、こちらからお願いしたこともあり、森さんの工房まで作品を取りに行ってきました。

 

 

 

P1100066

森彫刻所

〒 521-0034 滋賀県坂田郡米原町下丹生613

0749-54-2995

 

 

 

出発した当時の春日井市の天気は曇りでしたが、西に車を走らせると関ヶ原辺りでは雪がちらつき、上丹生では雪こそ降ってはいませんでしたが、以前からの雪が融けずに高く積もっていました。

 

 

 

P1100061

 

 

 

P1100060  

 

 

 

森さんの自宅&工房に着いたとき、最初に出迎えてくれたのは ・ ・ ・

 

 

 

P1100046

人懐っこい柴犬の早太郎?速太郎?(名前を失念しました)

(*2011/03/10 本名が「ハヤ太郎」ということが判明)

 

 

 

遊びの相手を少しした後、森さんとの打ち合わせのため自宅にお邪魔しましたが、打ち合わせが終わって外に出ると、犬小屋の中に。

 

 

 

P1100067

 

 

 

遊び疲れたのか、下の写真の体勢のまま寝ていました(笑)

 

 

 

P1100071

 

 

 

この度の展覧会には彫像やレリーフなど、大小含めて20点ほどを出品していただけることに決まり、さっそくそれら作品を載せる台と共に車に積み込み、上丹生を後にしました。

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------

■2011年2月3日(木)

 

以下、展覧会の模様を写真で少し紹介します。

 

 

P1100202

 

 

 

 

 

P1100208  

 

 

 

 

 

P1100276

石橋

 

 

 

 

 

P1100213

達磨

 

 

 

 

 

 P1100233_2

百済観音

 

 

 

 

 

 P1100265

母子像

 

 

 

 

■ 2011年2月11日(金)

 

2011年2月11日(金)の中日新聞紙面上(朝刊20面)において、わッつギャラリーで2月4日(金)から2月16日(水)まで開催されている、「森哲荘 木彫り展」(森哲荘さん)について、記事で取り上げていただきました。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »