フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

仏陀に抱かれて by 大丸友恵

わッつギャラリーでは、2012年9月28日(金)から10月10日(水)まで、大丸友恵さんによる「仏陀に抱かれて」を行います。

 

 

Img

 

 

 

 

程遠い場所だと思っていた。

ところが「インド」と口に出した時、どうしようもないものが湧いたように感じ、青山俊董老師と共に行かせていただくこの旅が始まりました。

本日はご来場いただき有難うございます。

                                                筆文字処 好字庵

 

 

 

 

大丸友恵(好字庵)さんは豊田市在住の書道家です。

 

この度の展覧会のテーマは「旅」。せっかくインドへ行ったのにそれについて(大丸流の書道で)やらないの、と言われたのがきっかけで、インド旅行で体験したもので印象に残っているものを、時間を追って順番に作品としました。

 

大丸さんが書を始めたきっかけは、小学校3年生の頃、大丸さんの友人が書道教室に通っていたことでした。

 

時々さぼりながら(注:本人談)も書道を続け、中学時には資格を取るために試験を受け始め、高校卒業時には5段の書道の段位を取りました。

 

そして、大学の時に引っ越しをしましたが、これを機に書道教室をひらき、本格的に書をやっていくことに決めました(大丸さんの書道教室は小・中学生が中心ですが、生徒は幼~65歳までと幅広くいます)。楽しくて字に興味が出れば良い、という考えで教室はやっています。

 

大丸さんが現在の作風になったのは、会社に案内状を作るように言われ、このようなものもできると提案したことがきっかけでした。ネズミ年から始め、今では毎年のようにカレンダーを作っています。

 

ちなみに、大丸さんは好字庵(いいじあん)という名を使っていますが、これは「いいじゃん」という言葉から来ています。(「いいじゃん」を繰り返すと「いいじあん」と聞こえる) 

 

この好字庵(いいじあん)という名には、伝統的なものだけでなく、伝統から外れた風変わりな作品も、あれもこれもあっても「いいじゃん」という想いと、「好」きな「字」が書ける「場所(庵)」を作りたい、という2つの想いが込められています。

 

 

 

 

 

Dsc00098

 

 

 

 

 

Dsc00107

 

 

 

 

 

Dsc00113

「拂拂」

 

 

 

 

 

Dsc00118

 

 

 

 

 

Dsc00119

「変」

師の命令で殺人鬼と化したアングリマーラ。釈尊に救われます。

が、その直前、母が「私を百人目にして、悪業を終わらせなさい」と出向いたという説もあります。

 

 

 

 

 

Dsc00122

「沈」

私達が訪れた時のガンジス河は、静かで流れていないかのようでした。

 

 

 

 

 

Dsc00166

「知」

"井の中の蛙になるな!"

体調を崩されひどく声がかすれた老師が、何度も何度も何度も言われました。

 

 

 

 

 

Dsc00167

「愛」

「友愛」     「親子の愛」

「男女の愛」  「博愛」

 

 

 

 

 

Dsc00147

「ハルプリートさん ラビンダさん」

現地ガイドのお二人はご兄弟。双子のようにそっくりでびっくり!!

シク教徒でいらっしゃるので毎日欠かせないターバンは七メートルもあるそうです。

 

 

 

 

 

Dsc00127

「歩」

三六五歩あります。

 

 

 

 

 

Dsc00198

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »