フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「メナージュケリー2013年冬号」でわッつを紹介していただきました! | トップページ | くらしの書展 師走の墨ながし by 矢野優雪 »

2012年12月 6日 (木)

澤村典子 陶芸展 by 澤村典子

わッつギャラリーでは、2012年12月07日(金)から12月19日(水)まで、澤村典子さんによる「澤村典子 陶芸展」を行います。

 

澤村さんはわッつギャラリーにてこれまで展覧会を4回なさっています。

 

 

くつろぎの器展(2010年10月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/by-df90.html

 

再び、そしてしばらく「くつろぎの器展」(2010年10月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/by-df90-1.html

 

陶の灯 ・ ・ ・ de クリスマス(2010年12月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/deby-0fbf.html

 

人物デッサンと香人形展(2011年11月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/by-6b02.html

 

 

澤村さんは、岐阜県の関ケ原にお住まいの陶芸家で、私(川口)の母とは名古屋造形芸術短期大学時代の同期です(知らぬ間に油絵の世界へ入ってしまった、と澤村さん談)。

 

短大卒業後、多忙な生活を送り、芸術から一時期遠ざかっていましたが、多忙な生活にゆとりができ始めた15年前、ある信楽焼作家の作品を見に行ったことで澤村さんの人生は一変。その信楽焼作家の作品を見た瞬間、陶芸を(死ぬまで)やりたいと強く思い、その道に進むことを決めたそうです。

 

小さいころから泥遊びが好きで、その影響で立体物が好きであった澤村さんですが、陶芸経験はなし。

 

10年前、一時的に油絵へ戻りましたが、15年前に受けた衝撃がその後も忘れられず、陶芸が実際にいろいろ遊ぶことができ(形や色など)、いろいろな用途に使える実用的なものを作ることができるということもあり、再び陶芸を始め、現在に至ります。

 

 

 

 

 

Dsc00655

 

 

 

 

 

Dsc00661

 

 

 

 

 

Dsc00682

 

 

 

 

 

Dsc00672

 

 

 

 

 

Dsc00703

 

 

 

 

 

Dsc00723

 

 

 

 

 

Dsc00726

 

 

 

 

 

Dsc00734

 

 

 

 

 

Dsc00739

 

 

 

 

 

Dsc00755

 

 

 

 

 

Dsc00741

 

 

 

 

 

Dsc00746

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

« 「メナージュケリー2013年冬号」でわッつを紹介していただきました! | トップページ | くらしの書展 師走の墨ながし by 矢野優雪 »

コメント

初めてこのwebで自然体の沢村典子さんの作品を拝見しました。カワイイですね。私の「遠ーい、記憶」で申し訳ございませんが油絵でしたね。陶芸の世界でご活躍で良いですね。
今後のご活躍に期待します。 沢村典子さまによろしくおお伝えくだされば、幸いです。

宮川邦雄様

ご記憶の通り、澤村さんの専攻は油絵です。
宮川様のことは澤村さんにお伝えしておきます。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403020/48110156

この記事へのトラックバック一覧です: 澤村典子 陶芸展 by 澤村典子:

« 「メナージュケリー2013年冬号」でわッつを紹介していただきました! | トップページ | くらしの書展 師走の墨ながし by 矢野優雪 »