フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

年末年始のお休みのお知らせ

ギャラリーカフェわッつは、

 

 

12月27日(木) ~ 1月3日(木)

 

 

までお休みさせていただきます。

 

 

営業開始は1月4日(金)からとなります。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

2013年 コーヒーメニュー

わッつカフェ コーヒーメニュー (2013年01月04日現在)

・エチオピア イルガチェフェ

・ケニア キアンガイ

・ブラジル トレスバラス(深煎)

・ブラジル グロタ・ファンダ農園(Best of Carmo de Minas 2011)

・ブラジル ウニオン農園(COE 2011)

・ニカラグア サン・フランシスコ農園(COE 2012)

・エルサルバドル ラ・エスペランザ農園(COE 2012)

 

 

 

過去に取り扱ったコーヒー

・ブラジル ハイーニャ農園(COE 2010)

・ニカラグア オウロ・ベルデ農園(COE 2011)

・コロンビア ラ・ボナンザ農園(COE 2011)

・コスタリカ エル・ジャノ農園(COE 2011)

・ホンジュラス コープ・ミクロ農園(COE 2011)

・エルサルバドル サンタ・ジョセフィータ農園(COE 2011)

・グアテマラ サンタ・エリサ・パチュプ農園(COE 2011)

・ルワンダ ブショキ農園(COE 2011)

 

 

 

カップオブエクセレンスは、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国で行われています。

国内予選を勝ち抜き、日本や欧米の国際審査員により風味・品質に焦点を当て、ユニークで稀有なコーヒーとして評価された僅かなコーヒーだけが称号を授与される『Cup of Excellence』。

雑味がなく高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ特有の風味、口に含んだ質感、心地よいアロマと活き活きとした酸味、甘い果物を思わせるフレーバーを兼ね備えています。

 

 

 

 

 

★2013年01月04日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

NICARAGUA Cup of Excellence 2012

ニカラグア  サン・フランシスコ農園 (San Francisco)

   生産国      ニカラグア

   農園主      

   農場名      サン・フランシスコ

   地域        ヌエバセゴヴィア県

   標高        1250m

   品種        マラコジッペ

   精製方法    

   ランク       9位

   スコア       88.53

   風味        みかん

 

 

 

 

 

El Salvador Cup of Excellence 2012

エルサルバドル  ラ・エスペランザ農園 (La Esperanza)

   生産国      エルサルバドル

   農園主      マウリコ・エスカーロン

   農場名      ラ・エスペランザ

   地域         アウワチャパン地区タクバ市

   標高        1460m

   品種        ブルボン

   精製方法    

   ランク       23位

   スコア       85.50

   風味        スイートレモン

 

【歴史】

1950年代に創業し、場所は観光地のアトカ市から10分です。コーヒーとオレンジの農園を経営しており、カフェとコーヒー輸出事業のコーヒービジネスをマネージメントしています。

【気候】

4月~10月の間は霧がかかり、湿気が多い。気温は17~33℃で乾燥している。

11月~3月は5~22℃で寒く、風が強い。

【農園栽培品種】

ブルボン80%、他はパカマラ、カティモール、カツアイ、ケニア、パカスなどの品種

【収穫期間】

12月~3月(90%が1月に収穫)

【生産量】

275トン(平均生産量)

【農園の情報】

エルサルバドルの西の国境の非常に雨量も豊富で多く「驚異的な気候条件の場所」と呼ばれています。野鳥も多く生殖、原生林樹齢100年以上の木々、檜や自然水の源泉などがみられる自然に囲まれて環境の良いエリアです。この農園は1950年代初めに環境保全、植物林道とコーヒーエリアの中で開拓されました。

【家族の紹介】

妻エリーナ、8歳の娘ルーシア、6歳の娘マウリシア。1880年代にペドロ・ホセ・エスカルトンにて5世代にわたりコーヒービジネスに携わっています。

 

 

 

 

 

★2012年度より引き続き提供されるコーヒー

 

エチオピア  イルガチェフェ

 

品種  ティピカ

 

この地域は肥沃な黒土に恵まれ、コーヒーに適した気象条件がそろっています。この地域で生産が始まったのは1950年代と、コーヒーの生産文化からすると比較的新しいのですが、紅茶にも似た特徴的なフレーバーとフルボディーのカップで、この地域のコーヒーが“イルガフェフェ”の名で急速に取引されるようになりました。現在ではアメリカ、北欧のスペシャルティコーヒー市場で人気を博している関係から、非常に手に入れ難いコーヒーの1つにもなっていますが、あえて生産エリアを広げることなく、限られた生産エリアで、年間生産量が500~600tしか生産されない貴重品にもなっています。

 

 

 

 

 

ブラジル  トレスバラス

 

品種  イエローブルボン、カツアイ、アカイ

 

肥沃な土壌、適度な標高、光合成に必要な十分な太陽光線の量、適度な降水量はスペシャリティコーヒーの生産には理想的な環境です。これに Junqueira Family の生産者としてのプロ意識が融合して当地でも最高のコーヒーを生産しているのです。品種の選別、栽培方法、さらに、収穫、生産処理の研究に専念するにまで及んでいます。2002年には、新型グリーンセパレーターやサスペンデッドパティオの新設をして、明るくて風味豊かなカップを持つコーヒーを求めるために、たゆまぬ努力を続けています。この農園は BSCA, Gerais 州、 Illy Cafe 等のコンペティションにも幾度も入賞しています。

 

 

 

 

 

ケニア  キアンガイ (Kiangai)

 

   生産国      ケニア

   精選所      キアンガイ・コーヒー・ファクトリー

   地域        キリニャガ

   品種        SL28、SL34(在来種など)

   風味の特徴   ブルーベリーのような甘酸っぱい風味とローストピーナッツのような後味

 

生産されるコーヒーの品質が世界で最も優れている国のひとつという評価を得ているケニア。

キアンガイ・コーヒー・ファクトリーは首都ナイロビ近郊のキリニャガ地区にあり、1967年の建設以来、この地方では高品質のコーヒーを生産する精選工場として有名です。周辺の農家から、集められたコーヒーがこの工場で、パルピング・水洗処理・乾燥されています。

養分の豊富な赤い火山灰土、伝統的な在来種、高い水洗処理技術、アフリカンヘッドを使ってゆっくり乾燥された選りすぐりのコーヒーの香りをお楽しみください。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

2012年12月27日 (木)

2011&2012年 コーヒーメニュー

わッつカフェ コーヒーメニュー (2012年12月19日現在)

・エチオピア イルガチェフェ

・ケニア キアンガイ

・ブラジル トレスバラス(深煎)

・ルワンダ ブショキ農園(COE 2011)

・ブラジル グロタ・ファンダ農園(Best of Carmo de Minas 2011)

・ブラジル ウニオン農園(COE 2011)

 

 

 

過去に取り扱ったコーヒー

・ブラジル ハイーニャ農園(COE 2010)

・ニカラグア オウロ・ベルデ農園(COE 2011)

・コロンビア ラ・ボナンザ農園(COE 2011)

・コスタリカ エル・ジャノ農園(COE 2011)

・ホンジュラス コープ・ミクロ農園(COE 2011)

・エルサルバドル サンタ・ジョセフィータ農園(COE 2011)

・グアテマラ サンタ・エリサ・パチュプ農園(COE 2011)

 

 

 

 

 

★2012年10月19日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

BRAZIL Cup of Excellence 2011

ブラジル  ウニオン農園 (Fazenda Uniao)

   生産国      ブラジル

   農園主      ジョン・フロレンティナ・ボルボサ

   農場名      ウニオン

   地域       バイーア州ピアタン市シャパダ・ディアマンティナ

   標高        1324m

   品種        カツアイ

   精製方法     パルプドナチュラル

   ランク       10位

   スコア       86.88

   風味の特徴   オレンジのような爽やかな風味とキャラメルのような甘い後味

 

ファゼンダ・ウニオン(ウニオン農園)はバイーア州のピアタン市に位置します。ここはディアマンティナ・シャパダというエリアです。この土地はスペシャルティコーヒーを栽培するにあたって非常に特筆な好条件に恵まれています。

栽培地の平均高度は1260mとブラジル栽培地の中でも高く、現在では15000本のコーヒーの木を植え、合計で4.5ヘクタールの栽培地まで広がりました。

農園主のジョン・フロレンティナ・バルボサ氏は、公務員を退職したのち農園主になりました。残りの人生をコーヒーと共に謳歌しています。ジョンの息子グレコ氏はここピアタン市のASCAMP農業技術協会の農学士でもあります。そして彼のノウハウと共にコーヒー栽培に取り組んでいます。

コーヒーの収穫は完熟した果実のみ手摘みで行われます。その後速やかに果肉除去を行い、未成熟果実が取り除かれたのち、乾燥に移されます(パルプドナチュラル)

乾燥には十分注意を払い、できるだけ均一に、乾燥場で平らに敷かれるように1時間毎に撹拌作業を施しています。

昨年から今年にかけて、栽培~収穫~精選管理のレベルアップを図るため、さらに設備投資も行い、さらなるコーヒーの品質の向上を目指しています。

 

 

 

 

 

★2012年8月17日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

Best of Carmo de Minas, Brazil 2011

ブラジル  グロタ・ファンダ農園 (Grota Funda)

   生産国      ブラジル

   農園主      グラウシオ・カルネイロ・ピント

   農場名      グロタ・ファンダ

   地域        カルモ・デ・ミナス

   標高        1100m

   品種        イエローブルボン

   精製方法     ナチュラル

   ランク       

   スコア       89.00

   風味の特徴   チェリーのような爽やかな風味とチョコレートのような甘い後味

 

 

 

 

 

★2012年7月10日(火)からメニューに追加されるコーヒー

 

GUATEMALA Cup of Excellence 2011

グアテマラ  サンタ・エリサ・パチュプ農園 (Santa Elisa Pachup)

   生産国      グアテマラ

   農園主      プロジェクトス・デル・パシフィコ

   農場名      

   地域        チマルテナンゴ県アカテナンゴ地区

   標高        1676m

   品種        ブルボン

   精製方法    

   ランク       27位

   スコア       84.39

   風味の特徴   リンゴのような爽やかな風味とキャラメルのような甘い後味

 

 

 

 

 

★2012年5月23日(水)からメニューに追加されるコーヒー

 

RWANDA Cup of Excellence 2011

ルワンダ  ブショキ農園 (Bushoki)

   生産国      ルワンダ

   農園主      Barhubwenge Protais

   農場名      ブショキコーヒーウォッシィングステーション

   地域        北部ルリンド市

   標高        1776m

   品種        ブルボン、マヤグエス

   精製方法    

   ランク       22位

   スコア       85.59

   風味の特徴   ラズベリーのような爽やかな風味とチョコレートのような甘い後味

 

 

 

 

 

★2012年4月20日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

EL SAL VADOR Cup of Excellence 2011

エルサルバドル  サンタ・ジョセフィータ農園 (Santa Josefita)

   生産国      エルサルバドル

   農園主      リマ・ソシオス

   地域        アタコ地区 アウアチャパン市

   標高        1200~1300m

   品種        ブルボン&パカマラ

   精製方法    

   ランク       9位

   スコア       88.78

   風味の特徴   ダークチェリーのような爽やかな風味とキャラメルのような甘い後味

 

 

 

 

 

★2012年1月6日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

COLOMBIA Cup of Excellence 2011

コロンビア  ラ・ボナンザ農園 (La Bonanza)

   生産国      コロンビア

   農園主      アンパロ・ペルドモ・アストゥディージャ

   地域        ウィラ県

   標高        1600m

   品種        カツーラ

   ランク       15位

   スコア       85.83

   風味の特徴   グリーンアップルのような爽やかな風味とビターチョコレートのような後味

 

 

 

HONDURAS Cup of Excellence 2011

ホンジュラス  コープ・ミクロ農園 (Coop Micro) 

   生産国      ホンジュラス

   農園主      マリアーナ・アレハンドロ

   地域        サンタバルバラ

   標高        1400m

   品種        パカス&カツーラ

 ランク       17位

   スコア       85.47

   風味の特徴   赤ワインのような爽やかな風味とチョコレートのような甘い後味

 

 

 

 

 

★2011年11月11日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

COSTA RICA Cup of Excellence 2011

コスタリカ  エル・ジャノ農園 (El Llano)

   生産国      コスタリカ

   農園主      ホセ・ルイス・ナパーロ・セシリアーノ

   地域        タラス ジャノ地区 ロス エンジェスル市

   標高        1500m

   品種        カツーラ

   ランク       8位

   スコア       87.82

   風味の特徴   アップルのような爽やかで甘い風味とキャラメルのような甘い後味

 

 

 

 

 

★2011年09月30日(金)からメニューに追加されるコーヒー

 

NICARAGUA Cup of Excellence 2011

ニカラグア  オウロ・ベルデ農園 (Oro Verde)

   生産国      ニカラグア

   農園主      ビスマル・パストラーナ

   地域        ヌエバ・セゴビア・エリア モゾンテ市

   標高        1470m

   品種        ブルボン

   精製方法     ウォッシュド

   ランク       14位

   スコア       86.00

   風味の特徴   アプリコットのような爽やかな風味とブラウンシュガーのような甘い後味

 

オウロ・ベルデ農園はディピルト・ハラパ森林保護区にある、標高1400m〜1500mのロスアラドス山の裾野、モゾンテ市に位置します。緑金色の農園(Finca Oro Verde)の歴史は、1953年に、農園主のビスマル・パストラナ氏の祖父と祖母、そして7人の子供達から始まります。1967年には父親に受け継がれました。農園は4エーカーの大きさで62キンタール(約2,800kg)のカツーラとブルボンのコーヒーを収穫できます。現在の家族構成は3人の子供と、15人の孫で農園を切り盛りしています。

 

 

 

 

 

★2011年09月02日(金)からのコーヒー

 

BRAZIL Cup of Excellence 2010

ブラジル  ハイーニャ農園 (Rainha)

   生産国      ブラジル

   農園所有者   ブルボン・スペシャルティコーヒー社

   管理責任者   クリスチャーノ・オットーニ

   地域        サンパウロ州サンセバスチャン・グラマ地区

   標高        1300m

   品種        イエローブルボン

   精製方法     パルプドナチュラル

   ランク       20位

   スコア       85.77

   風味の特徴   オレンジのようなやわらかい風味とミルクキャラメルのような後味

 

カップオブエクセレンスは、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国で行われています。

国内予選を勝ち抜き、日本や欧米の国際審査員により風味・品質に焦点を当て、ユニークで稀有なコーヒーとして評価された僅かなコーヒーだけが称号を授与される『Cup of Excellence』。

雑味がなく高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ特有の風味、口に含んだ質感、心地よいアロマと活き活きとした酸味、甘い果物を思わせるフレーバーを兼ね備えています。

 

 

P1110825

 

 

 

 

 

The Specialty Coffee from KENAYA

ケニア  キアンガイ (Kiangai)

 

   生産国      ケニア

   精選所      キアンガイ・コーヒー・ファクトリー

   地域        キリニャガ

   品種        SL28、SL34(在来種など)

   スコア       88.00(カップ審査員・野村憲一氏の評価)

   風味の特徴   ブルーベリーのような甘酸っぱい風味とローストピーナッツのような後味

 

生産されるコーヒーの品質が世界で最も優れている国のひとつという評価を得ているケニア。

キアンガイ・コーヒー・ファクトリーは首都ナイロビ近郊のキリニャガ地区にあり、1967年の建設以来、この地方では高品質のコーヒーを生産する精選工場として有名です。周辺の農家から、集められたコーヒーがこの工場で、パルピング・水洗処理・乾燥されています。

養分の豊富な赤い火山灰土、伝統的な在来種、高い水洗処理技術、アフリカンヘッドを使ってゆっくり乾燥された選りすぐりのコーヒーの香りをお楽しみください。

 

 

P1110811

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

2012年12月20日 (木)

くらしの書展 師走の墨ながし by 矢野優雪

わッつギャラリーでは、2012年12月21日(金)から12月26日(水)まで、矢野優雪さんによる「くらしの書展 師走の墨ながし」を行います。

 

 

 

Dsc00774

 

 

 

 

 

Dsc00776

 

 

 

 

 

Dsc00778

 

 

 

 

 

Dsc00780

 

 

 

 

 

Dsc00787

 

 

 

 

 

Dsc00791

 

 

 

 

 

Dsc00793

 

 

 

 

 

Dsc00798

 

 

 

 

 

Dsc00803

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

2012年12月 6日 (木)

澤村典子 陶芸展 by 澤村典子

わッつギャラリーでは、2012年12月07日(金)から12月19日(水)まで、澤村典子さんによる「澤村典子 陶芸展」を行います。

 

澤村さんはわッつギャラリーにてこれまで展覧会を4回なさっています。

 

 

くつろぎの器展(2010年10月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/by-df90.html

 

再び、そしてしばらく「くつろぎの器展」(2010年10月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/by-df90-1.html

 

陶の灯 ・ ・ ・ de クリスマス(2010年12月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/deby-0fbf.html

 

人物デッサンと香人形展(2011年11月)

http://gallerycafewhats.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/by-6b02.html

 

 

澤村さんは、岐阜県の関ケ原にお住まいの陶芸家で、私(川口)の母とは名古屋造形芸術短期大学時代の同期です(知らぬ間に油絵の世界へ入ってしまった、と澤村さん談)。

 

短大卒業後、多忙な生活を送り、芸術から一時期遠ざかっていましたが、多忙な生活にゆとりができ始めた15年前、ある信楽焼作家の作品を見に行ったことで澤村さんの人生は一変。その信楽焼作家の作品を見た瞬間、陶芸を(死ぬまで)やりたいと強く思い、その道に進むことを決めたそうです。

 

小さいころから泥遊びが好きで、その影響で立体物が好きであった澤村さんですが、陶芸経験はなし。

 

10年前、一時的に油絵へ戻りましたが、15年前に受けた衝撃がその後も忘れられず、陶芸が実際にいろいろ遊ぶことができ(形や色など)、いろいろな用途に使える実用的なものを作ることができるということもあり、再び陶芸を始め、現在に至ります。

 

 

 

 

 

Dsc00655

 

 

 

 

 

Dsc00661

 

 

 

 

 

Dsc00682

 

 

 

 

 

Dsc00672

 

 

 

 

 

Dsc00703

 

 

 

 

 

Dsc00723

 

 

 

 

 

Dsc00726

 

 

 

 

 

Dsc00734

 

 

 

 

 

Dsc00739

 

 

 

 

 

Dsc00755

 

 

 

 

 

Dsc00741

 

 

 

 

 

Dsc00746

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

2012年12月 1日 (土)

「メナージュケリー2013年冬号」でわッつを紹介していただきました!

メナージュケリー 2013年冬号

(発刊日2012年12月1日、参考URL: http://menage.jp/)

 

 

A1rodj8apl__aa1500_

 

 

 

において、「とっておき街案内 Vol.3 愛知 春日井市」の中でわッつを取り上げていただきました!(145ページ)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ     

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »