フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第10回 三輪隆司展 - 刻を憶う by 三輪隆司 | トップページ | 小澤林太郎 遺作展 ~思い出コラボ~ by 小澤林太郎・喜代子 »

2015年5月 8日 (金)

桐塑人形 山下紀代子作品展 by 山下紀代子

わッつギャラリーでは、2015年5月8日(金)から5月13日(水)まで、山下紀代子さんによる「桐塑人形 山下紀代子作品展」(桐塑人形)を行います。

 

 

Img_20150417_0001_3

 

 

 

山下紀代子さんは春日井市在住。

山下さんが中学2(もしくは)3年生の頃、下校中の寄り道は学校で禁止されていたにもかかわらず、学校帰りに鞄を下げ、同級生の友達と一緒に名古屋の市電を乗り継ぎ、桐塑人形好きの姉に教えてもらった、当時名古屋の丸栄百貨店で行われていた桐塑人形のグループ展を見にいきました。

この桐塑人形のグループ展には小ぶりの作品がたくさん並んでいましたが、山下さんはこの時、これはいいなあ、可愛いなあ、やりたいなあ、と思い、いつか絶対やろうと決めました。

しかし、その後は桐塑人形のことがチラチラ脳裏には浮かぶものの、学校での勉強やその後の就職、結婚、子育てのために忙しく、また、桐塑人形を教えてくれる先生を探したところ、当時は名古屋に1人いることが分かったものの、遠くて通うことが大変で断念し、中々桐塑人形を始めることができませんでした。

30年ほど前、子供が高校生になって生活が落ち着いてきた頃、偶然山下さんの友達の友達が桐塑人形の先生をしていることを知り、良い機会だと思い、念願であった桐塑人形を始めました。

以来、30年以上桐塑人形を作り続けてきましたが、大きな作品を作るとなると1年近くもかかる根気のいる桐塑人形作りですが、山下さんはこれまでを振り返ると、楽しかったという想いしか残っていないそうです。

 

 

「作品作りの歩み」

私の人形作りは、中学2~3年生の頃、名古屋の丸栄百貨店で桐塑人形のグループ展を見た時から始まりました。

会場に並んだ人形達の愛らしさに魅せられてしまったからです。

それ以来、「大きくなったら私もやってみよう」というのが私の念願でした。

けれど、子育てや先生が見つからなかった等で、やっと遅まきながら先生との出会いもあり、始めるようになりました。もう30幾年も前のことでした。

以来、この桐塑人形にはまって続けてきました。

現在は先生宅には出かけなくて、自分で楽しみながら作っております。

この人形は大きな作品であれば一年がかりということもあります。

行程に大変な手間暇がかかるのですから・・・・。

それでも楽しみの多い日々であったので続けてこられたとも思います。

                                                                     山下紀代子

 

 

 

 

 

 

« 第10回 三輪隆司展 - 刻を憶う by 三輪隆司 | トップページ | 小澤林太郎 遺作展 ~思い出コラボ~ by 小澤林太郎・喜代子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403020/59833204

この記事へのトラックバック一覧です: 桐塑人形 山下紀代子作品展 by 山下紀代子:

« 第10回 三輪隆司展 - 刻を憶う by 三輪隆司 | トップページ | 小澤林太郎 遺作展 ~思い出コラボ~ by 小澤林太郎・喜代子 »