フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 100人の母たち by かすがいを愛する市民の会 | トップページ | 滝川英明展 by 滝川英明 »

2016年6月 3日 (金)

陶のうつわ展 by 山室美恵子(工房 四十雀)

わッつギャラリーでは、2016年6月3日(金)から8日(水)まで、山室美恵子(工房 四十雀)さんによる「陶のうつわ展」(陶芸)を行います。

 

 

Img_20160602_0001

 

 

 

1958年   長野県下条村に生まれる

1976年   就職で名古屋に転居

         仕事をしながら5年ほど常盤女学院(夜間)で和裁を学ぶ

2000年   岐阜県土岐市曽木町の鶲窯で薪窯を手伝い始める。以降、毎年の窯焚き

         子供たちとろくろで遊んだのがきっかけで、度々出かける

*幼少時に経験のある薪割りも、窯仲間とのつながりも、楽しくてどんどんはまっていく

*古墳時代から受け継がれてきたこの地域の文化「スエキ」「古瀬戸」「美濃焼き」などを観て歩くたびに、存在感があり、美しく洗練された陶に魅せられていき、芸術的な作品に近づきたいと強く思うようになる

2005~2011年 名古屋市名東区の陶芸教室で作陶を学び、師匠の手伝いをしながら釉薬・窯焼きなどの技術を習得

2012年3月 尾張旭市のギャラリー「陶人Yoshisada」で第1回の個展

2012年9月 名古屋市名東区「刻心堂」の企画展「骨壺展」に出品→以降、毎年出品

2013年3月 実家のある長野県飯田市で個展→以降、毎年個展

2015年8月 江南市の珈琲・ギャラリー「予約席」で個展

その他に、岐阜県付知道の駅や妻木などでクラフト展に出店

 

 

普段使いの陶器を中心に、猫などの小物・アクセサリーなど150~200点を展示します。

「陶のうつわ」には、不思議な力があります。

お気に入りのうつわがあれば、食事が美味しくなり、心が潤い豊かになります。

そのお手伝いができれば嬉しいと思っています。

軽さや使い勝手を第一に考えていますが、見るだけでほっこり、使って癒されて、飽きのこないうつわ作りを心掛けています。

展示会は、うつわを通じて「人とつながる喜び」を感じられる時間です。

                                                                                                                             工房 四十雀  山室美恵子

 

 

 

 

P6080239

 

 

 

 

P6080228

 

 

 

 

P6080226

 

 

 

 

P6080227

 

 

 

 

 

« 100人の母たち by かすがいを愛する市民の会 | トップページ | 滝川英明展 by 滝川英明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403020/66086173

この記事へのトラックバック一覧です: 陶のうつわ展 by 山室美恵子(工房 四十雀):

« 100人の母たち by かすがいを愛する市民の会 | トップページ | 滝川英明展 by 滝川英明 »